image002

(株)タウ技研

放射線検知器  RD-2000

 放射線検知器 RD-2000は放射線事故を検知します。オプションの追加でデータ保存やデータ処理も可能になり、パソコンやプリンタと組み合わせることにより、過去データの分析も可能になりました。また乾電池でもACアダプターでも使用出来るため、持ち歩きはもちろん家ではACアダプターを使うことによって電池の残量を心配することなく監視することが出来ます。

1999年の東海村JCOの事故は放射線災害の恐ろしさを浮き彫りにしました。目に見えず、臭いもない放射線。それを察知することの難しさはいうまでもありません。こんな時放射線検知器 RD-2000は大きな武器になります。

ご家庭で、あるいはグループで、1台いかがですか。姉妹機のたんぽぽもどうぞ。

image003

image004

RD-2000

壁掛け

image005

RD-2000の主な仕様

 

型名

放射線検知器  RD-2000

 

検出放射線

χ 線   γ 線

 

検出部

GM計数管

 

検知表示

検知毎にLED点灯

 

表示部

液晶ディスプレイ 放射線カウント、時計切替表示

放射線カウント表示

060000カウント/(CPM)

時計表示

時分

 

サンプリング時間

60 600秒切替

image006

 

電源

ACアダプタ 006P乾電池両用

 

警報カウント数切替

30 40 50 100 500

 

外形寸法

158×45×92  突起物含まず

 

重量

425g(乾電池含まず)

 

付属品

ACアダプタ 9V  300Ma

006P型アルカリ乾電池

壁掛け金具

卓上スタンド

 

オプション

内部増設メモリー

パソコン出力キット(通信ソフト、通信ケーブル) WINDOWS95,98,98SE,Me

パソコン出力キット(通信ソフト、通信ケーブル) WINDOWS2000,XP

 

42,000

42,000

 

 

プリンタ出力キット(通信ケーブル、デジタルプリンター)

バッテリーユニット

 

54,000

28,000

 

 価格

標準仕様 ¥95,000     内部メモリー付 ¥105,000

 

 

RD-2000の主な特徴

 

 

@ ACアダプタを使用することにより電池の消耗を気にせず連続して監視することが出来ます。

 

 

A もちろん携帯用には乾電池またはバッテリーユニット(オプション)が使用できます。

 

 

B 壁掛けができますので、場所を選びません

 

 

C 基本機能のみのタイプと、将来的に拡張を考える方のためにメモリー付も用意しました。

 

 

D 基本タイプはパソコンのRS-232Cコネクタに接続することにより、リアルタイムでのデータが保存できます。(別途通信ソフトが必要です)

 

 

E メモリー付タイプは、60秒サンプリングの場合、パソコン接続仕様の場合で約10日分、プリンタ接続仕様の場合で約2.5日分の過去データを本体に保存出来ます。保存データを出力するためには、本体とパソコンのRS-232Cコネクタを専用ケーブルで接続します。別途パソコン出力キットあるいはプリンタ出力キットが必要です。(USB変換ケーブル使用)

 

 

F 表示はワンタッチで時計表示にすることができます。

 

 

G 時計表示モード中でも、異常値が検出された場合は、警報ブザーがなると同時に8秒間だけ異常値が表示されます。

 

 

H 10分サンプリングも可能になりました。平均値算出が容易になりました。

 

 

なお、当社ではRD-2000、たんぽぽをベースにした放射線検知器のOEM供給も可能です。これまでの高価な機器に代わって安価で気軽に設置出来る機器をお探しの時、簡単に継続してデータを残しておけるような機器をお探しの時、少し多めに機器を設置したい時等 個人・企業・団体を問いませんのでお気軽にご相談下さい。

 

image005

 

会社案内

リサイクルせっけん製造機

電波機器

電子機器

 

たんぽぽのページ

放射線検知器の利用方法

食品検査

HOME